スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

windous XP!?

マックロソフト Windous XPシリーズに製品を追加
4月1日(現地時間)発表



 マックロソフトは、同社のWindous XPの新たなバージョンとして「マックロソフト Windous XP 金」、「同 銀」、「マックロソフト Windous XP Game Center Edition」を開発。1日(現地時間)から販売を開始した。


 現在、Windous XPには、「Windous XP Home Edition」、「Windous XP Professional」、「Windous XP Tablet PC Edition」、「Windous XP Media Center Edition」の4つのバージョンがある。「Windous XP 金」、「Windous XP 銀」は、このうちProfessionalをベースに作られ、Professiona同様、デスクトップマシンなどにインストールが可能。

 Professionalとは、付属ソフトウェアなどが一部違うほか、出力メッセージやエラーが発生する場所などが違っており、さらに「Windous XP 金」と「Windous XP 銀」同士でも若干の違いがある。ただし、「金」と「銀」の違いについては、「ユーザー自身にそれを確かめて欲しい」として、公開はされないほか、問い合わせなどについても回答しない予定。



Windous XP Game Center Editionの画面
 Windous XP Game Center Editionは、すでにOEM向けに出荷が開始された「Media Center Edition」に続く製品で、パッケージによる直接販売はされない。OEMが専用のマシンにプリインストールした上で出荷される。

 Media Center Editionでは、FreeStyleと呼ばれるユーザーインターフェースが組み込まれているが、Game Center Editionにも「Taito Style」と呼ばれるユーザーインターフェースが装備され、すべての操作は、ジョイスティックやパッドなどから簡単に行なえるようになっている。

 ただし、Media Center Editionが、Windous Powered Smart Displayを介したリモート利用が可能なのに対して、Game Center Editionはこれをサポートしない。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。