スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Chrome Frameの安定版がリリース

Googleは22日、Internet Explorer(IE)用プラグイン「Google Chrome Frame」の最新安定版を公開した。これまでベータ版として公開してきたが、今回のリリースで安定版となった。対応OSはWindows 7/Vista/XP。対応ブラウザーはIE 8/7/6。

 「Google Chrome Frame」は、Google Chromeで使用されているレンダリングエンジンやJavaScriptエンジンなどを、IEの古いバージョンでも利用できるようにするプラグイン。ウェブページに所定のmetaタグを記述すると、プラグインをインストールしたIEではGoogle Chromeのエンジンを利用するようになり、HTML5を利用したページなどが旧バージョンのIEでも利用可能となる。

 安定版では、Windows 7/Vista環境において起動が3倍速くなったほか、他のプラグインとの干渉問題を修正。管理者向けに、Windowsインストーラーのパッケージも用意された。

 Googleのサービスでは、Orkut、Googleドキュメント、YouTubeが既にGoogle Chrome Frameに対応しており、今後GmailとGoogleカレンダーも対応する予定としている。

とのことです
早速、このブログにもメタ要素を加えました!

メタ要素がないとインストールされていても通常と同じくブラウザが稼動してしまうそうです

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="chrome=1">
この記述を入れればおkです
ヘッダーに追加しましょう

もう一つの方法はレジストリをいじるらしいのでよくわかりません
知りたければ"Chrome Frame: Developer Guide"を見てください

ダウンロード
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。