スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMD ATI Radeon HD 6800 シリーズを発表

AMDは、デスクトップPC向けGPUの新モデル「Radeon HD 6870」と「Radeon HD 6850」を発表した。
今回発表された2モデルは、現行の「Radeon HD 5000」シリーズを置き換える「Northern Islands(開発コードネーム)」世代の製品だ。同GPUを搭載したビデオカードは、150~250USドルの価格帯で投入される。
製造プロセスはいずれも40nmで、「Radeon HD 6870」のダイサイズは255平方mm。「Radeon HD 5850」と比べると、製造プロセス自体は同じだが、ダイサイズは若干小さくなっており、ストリームプロセッサーも削減されている。ただし、パフォーマンス面では、「DirectX 11」で実装された「テッセレーション」機能が大幅に強化されており、「Radeon HD 5000」シリーズに比べ、最大2倍の性能を実現するという。
リファレンスモデルのカ-ドデザインは、いずれも2スロット占有タイプで、バスインターフェイスはPCI Express 2.1 x16。ディスプレイインターフェイスは、デュアルリンクDVI/HDMI1.4a/DisplayPort1.2/アナログRGBをサポートしており、リファレンスモデルでは、DVI×2(デュアルリンク+シングルリンク)、HDMI1.4a×1、MiniDisplayPort1.2×2の構成となっている。
機能面では、独自のマルチディスプレイ・テクノロジー「ATI Eyefinity」や、DirectX 11に対応。「UVD」(Unified Video Decoder)は、最新版の「UVD3」へと強化されている。また、新技術「HD3Dテクノロジー」を導入し、Blu-ray 3Dや3Dゲームへ対応する点も大きな特徴だ。
上位モデル「Radeon HD 6870」の主な仕様は、GPUクロックが900MHz、ストリームプロセッサーが1120基、ROP数が32基。メモリーは、メモリークロック1050MHz(データレート4.2Gbps相当)、メモリインターフェース幅256bitのGDDR5 1GB。消費電力はアイドル時が19W、ピーク時が151Wとなっており、補助電源コネクターは6pin×2。2.0TFLOPSの処理能力を実現している。
「Radeon HD 6850」の主な仕様は、GPUクロックが775MHz、ストリームプロセッサーが960基、ROP数が32基。メモリーは、メモリークロック1000MHz(データレート4.0Gbps相当)、メモリインターフェース幅256bitのGDDR5 1GB。消費電力はアイドル時が19W、ピーク時が127Wとなっており、補助電源コネクターは6pin×1。1.5TFLOPSの処理能力を実現している。
なお、同GPUを搭載したビデオカードがベンダー各社から発表されている。

これは期待出来る!

ソース元:AMD、新世代GPU「Radeon HD 6800」シリーズを発表


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。