スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NGPの正式名称と価格が決定!

Sony Computer Entertainmentは,E3 2011に合わせて開催したプレスカンファレンスにおいて,開発コードネーム「NGP」(Next Generation Portable)と呼ばれていたPSPの後継機を「PlayStation Vita」(プレイステーション ヴィータ)として発表した。

Vitaは「Life」(生活,人生)という意味。新しいポータブルデバイスが,ユーザーの生活や人生を拡張していくことを期待し,命名したとのことだ。

 PlayStation Vitaは,3GネットワークとWi-Fiに両対応のモデルと,Wi-Fiのみに対応したモデルが登場する見込みで,市場投入は2011年のホリデーシーズン。価格は3G&Wi-Fi両対応モデルが2万9980円(税込),Wi-Fiのみに対応したモデルが2万4980円(税込)になる。北米での独占的な3GパートナーはAT&T(※AT&Tは「つながらない」という評判の多いキャリアであるため,会場からはざわざわという声が上がる)で,世界各地のパートナーについては,後日発表になるという。


ゲームタイトルは「PlayStation Vitaカード」で提供されるとのこと



●PlayStation Vitaのスペック
型番:PCH-1000 series
発売日:2011年末
価格:2万9980円(税込)/299ドル/299ユーロ(3G&Wi-Fiモデル),2万4980円(税込)/249ドル/249ユーロ
サイズ:約182(W)×83.5(D)×18.6(H)mm(※予定,突起部除く。PSP-3000は同169.4(W)×71.4(D)×18.6(H)mm)
重量:未公開(※PSP-3000は約189g)
CPU:ARM「Cortex-A9」(クアッドコア構成)
GPU:Imagination Technologies「SGX543MP4+」
メインメモリ容量:未公開
ディスプレイ:5インチ,16:9ワイド有機EL,静電容量マルチタッチパッド(※PSP-3000は4.3インチ,16:9ワイドスクリーンTFT液晶)
ディスプレイ解像度:960×544ドット(※PSP-3000は480×272ドット)
ディスプレイ色数:約1677万色(※PSP-3000は1677万色)
操作系:方向キー,左アナログスティック,右アナログスティック,背面静電容量マルチタッチパッド
ボタン:アクションボタン([△/○/×/□]ボタン),[L][R]ボタン,[START][SELECT][PS]ボタン,電源ボタン,音量プラスボタン,音量マイナスボタン
スピーカー:2chステレオ
カメラ:前面×1,背面×1
センサー:6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度),3軸電子コンパス,GPS(※3G&Wi-Fiモデルのみ。Wi-Fiロケーションサービス対応)
無線通信機能:3G(※3G&WiFi両対応モデルのみ),IEEE 802.11g/n準拠(インフラストラクチャ,アドホック両対応),Bluetooth 2.1+EDR準拠(A2DP/AVRCP/HSP対応)
入出力インタフェース:PlayStation Vitaカードスロット,メモリカードスロット,SIMカードスロット(※3G&WiFiモデルのみ),マルチユース端子(USBデータ通信,本体電源入力,ステレオ音声出力&モノラル音声入力,シリアル入出力兼用),ヘッドフォン&マイク端子(※ステレオミニ),アクセサリ端子
電源:リチウムイオンバッテリーパック(※本体内蔵)
アクセスコントロール:未公開
同梱品:未公開
対応サウンドコーデック:MP3,MP4(MPEG-4 AAC),WAVE(リニアPCM)
対応ビデオコーデック:MPEG-4 Simple Profile(AAC),H.264/MPEG-4 AVC Hi/Main/Baseline Profile(AAC)
対応画像フォーマット:JPEG(Exif 2.2.1),TIFF,BMP,GIF,PNG

なん・・・・だと・・・?
3万以内に収めてきたか・・・・やるなw

VITA(ヴィータ)ですか・・・・

ちょっと覚えにくい気が(ry

価格はWi-Fiモデルが2万4980円、3Gモデルが2万9980円
これなら3Gモデルかうよ!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。